【スキンケア講座】肌のしくみ「キメ」

肌表面にある網目模様が規則正しいのが「美肌」です。

手の甲を見ると、網目模様のような凹凸のあることがわかります。

この凹凸がキメになります。

肌には細かく溝が走っていて、三角形や四角形の模様が浮き出て見えます。

この肌の表面に走る縦と横の溝が皮溝(ひこう)、その皮溝の間の盛り上がっている三角形などの模様部分が皮丘(ひきゅう)と呼ばれています。

この模様がくっきりと規則正しく並んでいて、かつ三角形や四角形のひとつひとつが小さい肌は、キメ(肌理)が整っている肌です。

模様がきれいに並ぶと、肌表面がツルンとして見えるだけでなく、透明感が増します。

さらに、多くの光を取り込んで反射してくれるので、キラキラと輝いて見えたり、ファンデーションののりがよくなったりなどの効果もあります。


「キメが細かいほど肌は美しい」という言葉がありますが、キメが細かい肌とは、皮溝が深くて細く、はっきりしている状態のことです。

肌表面の質感がなめらかなのが特徴です。

一方、皮溝が浅く広くなる、ふぞろいになる、皮溝と皮溝の交差点にある毛穴が大きくなると、肌表面はザラッとして、キメが粗い状態に。 

布地でもキメの細かい絹はなめらかで、粗い麻はザラッとしていますが、肌も同じなのです。

キメの細かさは、遺伝もありますが、もともと日本人は、欧米人に比べてキメが細かいほうなのです。


《マメ知識》

キメは肌の奥からの肌再生リズムを反映しますから、化粧品だけで手っ取り早く整えることはできません。

体の内側からのケアで、肌の代謝を上げることも肝心です。




国際美容ライセンス協会

トータルビューティースクール ビューティーサロン レンタルサロン事業

0コメント

  • 1000 / 1000