ダイエット科

ダイエット=健康的な食事

ダイエット(diet)とは「規定食」という意味であり、動詞としては美容や健康維持のために、食事の量や種類を制限することです。単純に体重を減らすこと以外にも、健康のため栄養管理をしながら適正体重まで増加させることも含まれます。

先進国の人々は統計的に見ると糖分過多、脂肪分過多の傾向があり、肥満に陥ってしまっている人の数が非常に多く、結果としてダイエットを行う人の比率を見ると痩せるために行っている人が多いので、ダイエットが「痩せるための食事制限」という意味で使われているケースが多いですが、本来の語義におけるダイエット(規定食、食事制限)は、肥満対策だけでなく、健康維持を含めた様々な目的のために行われるものです。

また特に、日本においては痩せるための諸活動全般を指してダイエットと呼んでいる例が非常に多く、中には食事に一切関係しない痩身法までもがダイエットと呼ばれている例もあります。

国際ビューティーライセンス協会では、ダイエットの正しい知識を学び、健康的な食生活、理想の身体づくりをサポートします。


【ダイエット講座】

ダイエットの正しい知識を学びます。

カリキュラム終了後にディプロマを発行します。

1日研修受講で資格取得可能。


【サプリメント講座】

サプリメントの正しい知識を学びます。

カリキュラム終了後にディプロマを発行します。

1日研修受講で資格取得可能。


【サプリメント管理士養成講座】

サプリメント管理士/サプリメント管理士マスターの資格取得を目指します。

「株式会社SSFK研修センター」が実施・運営し、「特定非営利活動法人 新生活普及協会」が認定する資格制度です。

体系的に構成されたテキストにより、スキマ時間を利用した自己学習でしっかりとした知識を身に付けることができます。

「サプリメント管理士」および「サプリメント管理士マスター」は、栄養補助食品等の販売や紹介に携わる人のための資格。美容と健康のアドバイザーとして、人々により分かりやすく、適切な情報を伝えるために必要不可欠な知識を養成する認定資格制度です。

製品や栄養の正しい知識と伝え方を身に付け、マスター取得を目指しましょう。


体重ではなく体脂肪率

ダイエットで重要視したいのは体重ではなく体脂肪率です。

無理な食事制限をすると筋肉が減少し一時的に体重が減りますが、筋肉が減ったことにより代謝が下がり燃えにくい身体になります。その身体でまた通常どおりの食生活に戻すと以前よりも太りやすくなりリバウンドします。 大切なのは筋肉を維持または増やしつつ脂肪だけを落とすこと。 脂肪よりも筋肉は重いため筋肉が増えると体重が増加することもありますが、体脂肪率が減っていればダイエットは成功です。  同じ体重でも体脂肪率が違うだけで見た目の印象は全然違います。

理想的な体型になるために体脂肪率を意識しましょう。

高たんぱく質食品

筋肉にはたんぱく質が必要不可欠です。

ではどのくらいタンパク質はとったら良いのか。

厚生労働省では1日50〜60gが理想とされています。

活動レベルで摂取量は変わりますが、最低自分の体重分ぐらいは取るべきです。

例えば、体重50Kgの方なら 1日 50gはとりましょう。とれば取るほど良い事だらけです。

できれば体重×1.5~2はとりましょう。

低GI食品

血糖値の急上昇、急降下はふとりやすい身体をつくります。

なるべく血糖値の上昇を穏やかにしましょう。

1日に必要な栄養素

バランスの良い食事を心がけて健康的で美しい身体をつくりましょう。